読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1,400万円で実家を建て替える

手持ち資金で実家建て替えに挑戦するブログ

基礎完了

仕事が火を吹きブログを放置していたが、長期連休に入ったのでちょっと実家の様子を見てきたら、もう基礎ができていた。完成まではあと三か月らしい。 この一か月半の間、秀光ビルドも社としての品質対策を決めたようで、ある日営業さんから第三者機関検査を…

三者面談

三者面談が終わった。1600ごろ事務所に着くと他のお客さんはゼロでしんみりとしていた。時節柄というやつだろう。三者面談は淡々と終わった。最後に営業さんから、改まった感じでもうご存知ですよねと尋ねられたので、例の記事の件ですよねと返した。現場は…

秀光ビルドの欠陥住宅リスク?

ブログを放置している傍ら、伐採抜根もおわり、あとは三者面談の後着工というところにきている。そんな中、妻から秀光ビルド文春砲の記事が送られてきた。いわく、大丈夫?と。ざっと読んで、カタログスペックは凄いけど異常に安いのはそういうことなんだなと…

ハウスメーカーを選ぶ3(秀光ビルド vs アイダ設計)

私事から入って恐縮だが、ある日突然インド出向を命じられた。来年1月から期間は3~4年。そろそろ来るかな感があったので、驚きはなかったし、むしろ私は結構乗り気なのだが、妻にとっては衝撃的だったらしく、さめざめと泣かれた。そんなに嫌なのか・・…

ハウスメーカーを選ぶ2(タマホーム vs 秀光ビルド)

タマホーム、秀光ビルド、アイダ設計と打ち合わせを進めており、タマと秀光とは最終打ち合わせまで完了した(アイダは最終見積もり待ち)。そういう次第で、まずはタマ vs 秀光の結論を出したい。現時点の提示価格は価格はタマ1420万円(木麗な家) v…

ハウスメーカーを選ぶ(タマホーム vs 秀光ビルド vs アイダ設計)

このところ抜根DIYブログになりかけているので、ブログ発起当時の初心に立ち返り、家づくりに焦点を当ててみたい。世の中にはかなりたくさんのハウスメーカーがあるようだが、そんなに検討対象を手広く広げるとパンクしそうなので、せいぜい相見積は三社くら…

伐採抜根6

今週も伐採抜根とハウスメーカー打ち合わせ。正直打ち合わせより木を抜いてるほうが楽しい。今日片付けたのは以下のエリア。 まずは笹。かれこれ40年伸び伸びと放置されて見事に茂った。直径1mを超えるくらい。根は浅いが、数が多いので1tホイストでは力不足…

伐採抜根5

ハウスメーカー三社巡りのさなか、伐採抜根も進める。今日は以下のエリアを片付けた。だんだんルーチン化してきた気がする。 まずは樹高1.5mほどの木。母曰く、しゃくなげという木で、きれいな花が咲くらしい。母も惜しんでいたがレバーホイストの餌食になっ…

伐採抜根4

相続登記も完了したので、法務局にも行きたいのだが、年明けから残業嵐のため平日に体を空けられない。休日の伐採抜根も先週は大雪に阻まれ断念。率直に言って抜根には単なる労働以上の楽しさがあるのでかなり不満ががたまっている。それでも今日はなんとか…

伐採抜根3

残る木はまだかなりあるが、まずは重機の通り道を妨害するであろう木々(下記図青丸部。母曰く樹齢50年以上)をなんとかすることにした。こいつらが案外手ごわかった。 上側を伐採し、ホイストで引きつけるが石(母が日本庭園のような庭を目指して大の男四…

相続登記

土地・建物の相続登記をしてきた。伐採もそうだがこれをしておかないとお上が建替を認めてくれない。司法書士を通すと手数料で数万飛んでいくため、独力で行う。 母の名義にすることも考えたがゆくゆくは私が相続するため、登録免許税の二度払いを避けるため…

建て替えの考え方4

建て替えを考えだした当初は、裏庭の樹木と物置を取り去り、空いた土地に平屋を建て、建築中は母屋に住む(完成後は解体)という進め方を考えていた。 間取りは母と兄と時折の客が泊まれる部屋があればいいので3LDKでええわということで、↓のようなざっくり…

伐採抜根2

連休もあと2日で終わるので、淡々と抜いてゆく。 レバーホイスト抜根法(c)のすばらしい生産性向上に感動し、工数30分/本 宣言をしてしまったが、実際にやってみるとそんなにそんなに単純な話ではないことが分かってきた。ホイストは重く、スリングかけは疲れ…

伐採抜根

庭木を抜かないと全てが始まらないが、人に頼むと一本数万円単位で飛んでいくようなので、正月帰省がてら自力伐採を試みた。ちなみに建築予定地周辺は↓のようになっている。 我が国の温暖湿潤な気候に助けられ、大小さまざまな木が伸び伸びと育っている。こ…

建て替えの考え方3

実家の建て替え検討のはじまりは父の死だった。私との折り合いはそんなに良くなく、今の会社に転職したときに地の利が良いので1年ほど同居したが、いろいろあって嫌になって私が出て行った。脳梗塞をやってから人が変わってしまい、金遣いもひどくなり、私の…

建て替えの考え方2

建設予定地の現況は以下のようになっている。 限られた予算と限られた居住者の生活能力のため、新居ができるまで古い家屋に住み続けるしかない。従って建設予定地は裏庭の空地だ(現在野良樹木の天国と化しているが)。土地の制約と、物置2は残せという母の…

建て替えの考え方

実家を建て替えることにした。目指すところは以下である。 ・予算は現金一括1,400万円(実家の自己資金)・ローンは組まない(組めない)・私は金は出さないが、口は出す・居住者の希望は叶える・妻に迷惑をかけない 建設予定地だが、登記簿を正とすると90坪の土…