読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1,400万円で実家を建て替える

手持ち資金で実家建て替えに挑戦するブログ

建て替えの考え方3

実家の建て替え検討のはじまりは父の死だった。私との折り合いはそんなに良くなく、今の会社に転職したときに地の利が良いので1年ほど同居したが、いろいろあって嫌になって私が出て行った。脳梗塞をやってから人が変わってしまい、金遣いもひどくなり、私の力ではどうすることもできず、ちょっと付き合ってられないなと思い、介護に疲れた母、障害持ちの兄を置いてほいほいと飛び出した次第である。はたから見ればえらい不孝な話だ。

あれから約四年が経って、新婚旅行から帰ってくると父が亡くなっていた。実家はひどいことになっていた。貯金は底をつき、家はゴミが散乱し、あまつさえ三百万円くらいの債務まで判明した。借金まで出来ていたのは意外だったが、その他は、まあこうなっているだろうなと予想できたことだった。ただこうなると流石に息子の義務を放棄するわけにはいかず、妻にも骨を折ってもらい、二ヶ月くらいかけて諸事を片付けた。僥倖だったのは、カネのことはそれでもなんとかなりそうということだった。生活は常識的な出費を維持すれば年金で十分にやっていけるし、兄の障害年金もほぼ手つかずで残っていた。それが大体1,400万円。色々思うところはあるが、ここは父よあなたは偉かったと言わざるを得ない。これを使って、大地震が起きれば倒壊必至のホコリまみれの家を建て替えようとい提案してみたら、母と兄も賛成した。ただそれだけで足りるのかとは言っていたが。それは私も思う。

いざとなれば私が出せばいいのだが、私自身が住まない家に資金を出すには妻の理解が要る。普通の家庭の出ではない私に付き合ってくれているのだから、不要の心労は掛けられない。実家のカネでやりきるのが筋だろう。